2011年08月05日

ボン

明日からお盆入りです。
と、いう訳でお盆直前企画として迎え鐘に関連するお寺に行ってきました。
いざ引接寺(千本えんま堂)と大報恩寺(千本釈迦堂)へ。
千本えんま堂はその名の通り有名なえんま像や地獄絵図など見てきました。
明日から水塔婆を受け付けるという事でその準備に追われているようですが仏像の由来などたくさん教えてもらいました。
その間にもちょくちょく地元の人達が来てました。
あのエリアは観光というよりも昔の習慣がそのまま残っているといった感じです。
自然な形で残っている伝統って珍しさが倍増して感じられます。
式部桜なんていうまぁ少し強引な名物もあったんだけれど、枝に群れなすクマゼミがやばかったですw
10センチおきくらいに大量に枝にしがみついて大合唱。
やかましいというか、、、なんというか、、、
先日、天声人語にあった音のなる木って表現がぴったりだったのでそのまま引用してみたくなります。

対して釈迦堂の方は人がいない!
こちらは観光客を意識しているのかな、拾い境内に明日からの準備が既に整っていました。
本堂は京都市内最古の木造建築そうですが、、、確かに歴史を感じさせる黒ずみ具合でした。
柱の刀槍の後は応仁の乱の時についたそうな、、、ちょっと指で触りながら生々しい傷跡をみているとココで生々しい戦いがあったんだな、と思えて切られたくないな、ってちょっと寒気を覚えたり。

おたふくの人形展もあったけれど不気味以外のなんでもなかったです。
宝物殿は他にだれも居ないのでゆっくり見物し放題でした。
決してお庭が綺麗といった訳ではないけれど、ゆっくりできるお寺さんなので一度いってみると良い場所ですね。
【関連する記事】
posted by たれクマ at 23:12| Comment(0) | お出かけ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

祇園祭

現実逃避タ〜イム☆★
という訳でもはや毎年恒例行事の祇園祭、行ってきました。
今年は浴衣DAZE。
京都駅に降り立った瞬間の蒸し暑さが懐かしく、、、感じたら負けかもしれない。
SUVACOの中村藤吉本店で抹茶蕎麦を食べてきました。
そういえば京都以外で抹茶蕎麦食べる事ってほとんどないです。
まぁ会話の内容的には全く京都関係なかったのですが。

料理を写真に撮る
写真より記憶に残す方が価値ある気がする
写真は撮る迄は創意工夫を出来るが、記憶は後々も意図を加えやすい
(中略)
写真と言葉ではどちらが人に影響を与えるか
(中略)
認識ってなにか
自我を所有しているのは何か
持論:自我を形成してきた時間が所有している
(中略)
人類の祖先は何か=ミトコンドリアDNAの話

と、まぁ延々と話が広がって気付いたら一時間以上経過していたのは秘密。
これはこれで面白かったけどねー。

あ。結論は「こんな話をしていても祇園祭が楽しい事には変わりない」でした。
つまりは戯路に飽きた訳ですww
そしていったん別用があるので解散&夕方に集合。

夕方にはうだるような暑さも少し和らいでいました。東西の通りには風もふいていたし。
お祭りの雰囲気を感じるにはやはり浴衣ですよね♪
浴衣って武器ですよね〜、個人的な意見では男子も甚平より浴衣の方がスマートで好きです♪

今回は宿も近いし時間はたくさんあるので山鉾をひとつずつ見る事ができました。
そういえば鉾に昇ったことないや〜、と思ったので昇ってみたり。
それぞれの山鉾のお囃子を認識は出来ないけれど、違うってのだけはわかりました。

粽を売る童歌を聞いていたらふと気になった事があります。
「厄よけ安産守り、常に出ません、今明晩限り〜♪」ってな感じでちっちゃい子等が歌っていました。
宵々山だから今明晩、宵山だったら今晩限り、ってなるのは予想つくけれど、宵々々山はどうなるんだろう?
と、どうしても気になってしまったので聞いてみました。

明々晩限り(みょんみょうばん)だそうです。
なんか言葉の訛具合が良い感じですよね。

鯉山の絨毯(滝登り)の中にいる鯉のうち三匹の金色の鯉を見つけられたら幸せが云々って説明があったけれど、、、
二年前にはそんな下りなかった気が??

屋台はどうにもめぼしいものがなかったので途中でみかけた喫茶店に入ったりしました。
街全体がお祭りになっている感じでやはり楽しいですよね。
それぞれの山鉾にまつわる由来なんかも聞けたし満足な一日目でした。

二日目も日中は暑いので甘味を食べたりで準備、夕方過ぎに活動開始しました。
と、いえどまずは腹ごしらえ。
なぜか焼き肉食べ放題に行ってきたという謎。
元をとるべくノンストップで焼きつつ食べつつ、を時間いっぱいつづけていたら最後の10分リアルに苦しくなってしまいました。

クッパを少し残してしまったのですが、米を見て気持ち悪いと思えるほど食べた経験は凄く久しぶりですw
と、いうか宵山でなにしてんだか。

食べたらそのぶん運動せな!ってことで昨日回れなかったところを中心に徘徊。
23時過ぎにあるという南観音山&北観音山の暴れ観音の神輿もみられました。
観音というか、、、藁で作った案山子・・・?みたいな感じでしたが。
たぶん二日で全部を回ったはず。
先日NHKの番組で取り上げられていた大船鉾は登る人の行列が異様に長かったです、テレビ効果恐るべし。
ほかのところが空いてくれるから狙い目なんですけどね。

そして、三日目は山鉾巡行。
長刀鉾が動き出す四条烏丸に八時半に待ち合わせという無茶をしたら、、、人が居すぎて動けない。
そして向こうは体調崩してダウンのお知らせ←
結局一人で動きました。
身軽に動けたから良かったんですけどね。
先回りしてしめ縄きりの見物ポジションを確保。
稚児がしめ縄をきる所はもちろん、気になったのはしめ縄をはる人。
道路の両側のアーケードの上に待ち構えて長刀鉾が近づいてくると縄をピンとはっていました。
目立たないけれど、こんな風に色んな人が支えて見所を作り上げているんだろうな、と思います。

このまま四条河原町に行くと人ごみに巻き込まれるので人の流れをさけて行列に逆行。
四条烏丸依西にて辻回しを見物してきました。
ヨイサーのかけ声の瞬間の扇子を構えたポーズが素敵です★
山鉾の屋根の上に外人さんが関係者の法被きてちょこんと乗っていたんだけど、あれはなんだったんだろう??

ほんとは時間があれば、御池通から最後の辻回しの場所が空いていて穴場と聞いていたので見たかったんだけれど、時間的な制限があったので断念。
とはいいつつ午後は時間途中から時間あいたんですけどね。
でも八月の京都の午後の日差しの中を出歩く自殺行為はしたくなかったので、結局美術館に行ってきました。

フェルメールからのラブレター展。
東京にはきていない展覧会だったので我ながらグッドチョイス。
まぁフェルメールの絵は二枚しか無かったんですけどね。
オランダ画、風俗画は好きなジャンルなので楽しめました。
そんなこんなでお寺にはあまり行かなかったけれど、こんな楽しみ方もありだと思います^^
posted by たれクマ at 23:56| Comment(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

散歩

行きたかった(けど行けなかった)某企業の説明会に近所の就活仲間が参加していたという事で会社説明会の資料をもらってきました。
バイト帰りの0時過ぎにw
コピーをとって、ついでに散歩してました。
プラネタリウムにいった直後なので星を探してみたけれど、、、
東京の空は明るいorz
そして月も満月の直前で明るいorz
またの機会に頑張る。
大三角形はなんであんなに探しやすいんだ!

後は就活話で盛り上がり。理系院生同士、選考不調な話とか、研究が進まない不安とかをぶちまけました。
まぁ、途中から
「もう全部投げ出して逃避したいね〜、旅行したいね〜。」
って結論になったのは秘密☆
不安定な身分だけれど魅力ある仕事に興味を引かれる悩みとかとても共感できました。
孤軍奮闘じゃないって大切だなぁ。
てかさっさと決めたい。
posted by たれクマ at 11:46| Comment(0) | 学生生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

プラネタリウム

満天がリニューアルされたのでさっそく行ってきました。
久々にあう友人に仕事の話を聞いてだいぶ刺激になります。
プラスになる転職ってこんな感じのものを言うんだろうな、無意識のうちに生涯職を考えていた自分を気付かされました。やっぱり実際に働いている社会人の声って重みがある。
そして京都好きとしても見捨てておけない楽しそうな内容でした。

まぁそれとは別にしても相変わらずバイタリティ溢れる友人でした。
あと焚き付けるとすぐ乗ってきてくれる楽しい人。
服を買いにいって、これ良いんじゃない?ってプッシュすると「そうかなぁ」ってのっちゃう。
「もう買わな〜い、お店の前通っちゃダメ」と言いいつつさりげなく通るとめざとくめぼしい物を見つけてしまう。
楽しそうに買い物をしていました。こういう人がいるから接客業の役割って重要なんだろうね。
誰もが僕みたいに物を吟味して買ってたら絶対経済不活性化しまくりだわw
もちろん僕も色々買いましたよ。
本を4冊まとめ買い(笑)

某経営哲学の本に人は3つに分類出来る「自燃性、可燃性、不燃性」
というのがあります。もともとは自発的に良い仕事をする人、影響されて良い仕事をする人、影響されないから残念な人って意味です。
この友人は仕事に関しては自燃性だけど、性格はとっても可燃性だと思います。
焚き付けたらよく燃えすぎです☆★

プラネタリウムは平日の昼間だっていうのにリニューアル効果なのかほぼ満席でした。
番組は去年のリメイク作品。スターリーテイル。水樹奈々さん(シャッスッ!)がナレーションを努めている内容です。声良いよね声←
CGはKAGAYAさん。これまた幻想的な絵を描くお気に入りのイラストレイターです。
他の番組にも言えるけれどここの番組制作は僕のツボを見事につく事が多いです。
番組の内容としてはだいぶ天秤座をプッシュした内容でした。
一つの星座をテーマにだいぶ奥行きを広げています。
星座を見てその奥にあるストーリーを連想する人、ギリシャ神話好きな人にはオススメです。
単に星を見たい人は主旨が違うのでちょっとあわないかも。
個人的にはバッチグー☆
他の番組も余力があったら行きたいですね。
水族館には年間パスポートがあるのになんでプラネタリウムには無いんだぁ><
と。
その後はゲーセンで久々にアン×アンを。二人いると心強いですね。
6回やって全部決勝まで行けましたw
最近選考続き&人にあう機会が少なかったのでだいぶ気分転換になりました。
posted by たれクマ at 23:06| Comment(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

夢。

不規則な生活をしているせいか、睡眠時間が短いせいか、寝てる時に見た夢を覚えていることがちらほらあります。
それだけなら良いのだけれど、ちょっと気になる内容が・・・

「死」に関わる内容が多いのがちらほら。
あと、大学1年の時以来あっていない友人がなぜかよく出てくる。
これは何かの暗示なのか?
全く連絡もとっていないの不思議。

旧来の友人といえば、高校以来しばらく疎遠になっていた悪友とは最近連絡が復活しました。
似た者同士集まるというのか、僕が関わった人に影響を受けやすいというのか・・・
物事の考え方が似ているな〜、と再実感。
もちろん違う一面も多くあるんだけれど。
何かと悩みがちな時にお互いの背中をドーンとどつき合える仲って良いです。
posted by たれクマ at 08:32| Comment(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

学業?就活?バランス・・・

就職活動がなかなか進まない今日この頃。
いや、決して何も進んでいないわけではないしちょくちょく選考に進み始めているところもあるのだけれど先が長いとモチベーションの維持が大変だな、と思うわけです。

社交性とか決してある方でないと自負しているけれど、グループディスカッションとか社員相談会なんかを経験するとなんだかんだいっても人と話すのって好きな一面もあるんだな、と思います。
周りをみているとさすがに学生といえどそれはないだろ〜、と思う例もちらほら気付けたり。

就活本で悪い例「〜」みたいなのを読んでると「こんなの居るのか?!」って思う例が意外といたりするっていう。
それなりに就活も楽しんではいるんですけれどね。

最近はちょくちょくと研究に対する心配事も浮かんできています。
3月から5月にかけてほとんど実験していません。
生物を扱う研究だから3日続けての実験とか必要なんだけれど、間の日に面接なんかが入っていると実験出来ない。(いちおう夜に行って実験するって方法もあるにはあるが)
そうなると面接と面接の合間に一日だけ空いてる日が出来ても学校いってもたいして実験が出来な→行かない って流れになってしまうのです。
目が覚めたらお昼とか、ダメダメな流れですw

いっぽうではもっと実験をしたいって気持ちもモクモクとこみ上げてきます。
就活が一段落したら一気に取り組みたいな〜、と。
通学時間2時間半っていうのもなにかとしんどかったりするので引っ越しも考えてみようかな。
とりあえず研究室に顔を出さなさすぎるっていうのが一つ。
修論の研究テーマをどうするべきかっていうのが一つ。
そこらへんの心配もあるのだけれど、どうしたものか。

4月の時点では就活に専念していいよのお墨付きを貰ったがさすがに不安がよぎる今日この頃。
というか24ヶ月しかない修士のうち残るは1/3なんだよね。
実際に研究できるのは半年くらいだし。
こうして数値で考えるとマズい気がしてきた。
posted by たれクマ at 14:22| Comment(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

GWの定番

最近、言葉を紡いでいない。
頭がどんどん停滞していっている気がする。
そんな焦燥感から久々に更新してみたり。

最近の出来事。
今日はコナンを見に行った。かれこれ10年近く続くGWの恒例イベント。
休みということもあってガラガラでした。
いつも一方通行の入れ替え制の劇場が出入口が一つに固定されているとは初めてみた。

内容に触れるのはあれなので割愛するけれど、戦場カメラマンがネタ以外の何者でもなかったw
それでも毎年安心して見られる良いシリーズではあると思う。

キャッチフレーズの「ラスト15分、予測出来ない衝撃結末」みたいな感じのものだったけれど、普通に予想できましたw

その後はかれこれゲーセンでメダルゲームに熱中。
そもそもメダルゲームをすることがほとんどないけれど、社会人の大盤振る舞いに衝撃をうけた今日この頃。
そんな友達も相変わらず毎年素敵な(酷い)ネタを提供してくれる面白い奴なのです。
posted by たれクマ at 15:08| Comment(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。