2009年03月25日

卒業

色んな卒業の形。

高校の部活の仲間は4人は遂に

現役+二留
一浪+一留
一浪+院浪
二浪

で足並みが揃ってしまった模様。

…お前等(´∀`)←

やっぱり仲間だ(笑)

高校の後輩達も遂に卒業。

廃部寸前の部活を立派に立て直してくれました♪

そんな後輩達が卒業旅行で京都に来てました。

流れ的に案内役を頼まれました。

衣笠〜嵐山にかけてを色々案内。

二日目に案内したんだけど、一日目は別の意味で楽しめていたみたい(笑)

高一の時と比べるとキャピキャピしてるのは変わらないけど、それとなく落ち着きも見えて変化を感じさせます。

成長したなぁ…☆

なんてしみじみしてしまう。

研究室といい、サークルといい、部活といい、つくづく僕は後輩の面倒を見るのが好きだなぁ、と思う。

と、いうか後輩の一人が京都に進学する事が確定しました。

いいな〜、触発されて僕もその大学にまた練習に行き始めそうだ(笑)

このブログをその大学の人が見てない事を願ってコッソリここでばらしてみた。

どうやら僕と知り合いって事は隠していくらしい。素知らぬ顔でサークルにいって『あ〜っ!』みたいな演出をしようと口裏を合わせました(笑)
posted by たれクマ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

ベンジャミンバトン

東京に帰った時にベンジャミンバトンを見てきました。

映画館に行ったのはポニョ以来です。

老人として生まれ、徐々に若くなっていく。そんな運命の元に生まれついた人の話。

架空だけど、ホントにあったとしたら凄く残酷な人生になるんだな、って思った。

誰かと一緒に歳を取る事が出来ない、仮に子どもが出来ても自分の方が子どもになってしまう。

怖いな。

===========

一つの映画作品として見ると、ありがちな一生を辿る作品と違って斬新で楽しめました。

ブラピが特殊メイクで変幻自在に姿を変えるのもそれなりに楽しめます。

特殊メイクいいな〜、特殊メイクで外見を思い切り変えたら周りはどんな反応をするんだろ。

すぐに見破られてお終いか(笑)

見た目と中身は歳相応が一番なのかな。

でもバイト先では大人っぽい風格があるって言われて、
友達には子どもっぽいと言われて、

…どっちだ、自分(´∀`;)

どっちでもいいや←
posted by たれクマ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

久々に団体戦の大会に行きました。

先に結果を言うと、出番無し。

凹んだ。久々に凹んだ。

不幸なタイミングが重なった事もある。
でも戦力になれない力不足っていうのも悔しい。

もうこの大会には出られないかもしれないのに、最後でこんなのって無い。

采配を下した主将の言い分はわかるけれど、指摘したい点はたくさんある。

でも誰かへの恨み言を言うってのは好きじゃないから自分で処理する。

悔しさはそのままエネルギーに変換しよう。

個人レベルではまだ先があるのだから。

同学年の何人かは就職してもうほとんど逢う事も無いだろう。

カルタをしている限り遭遇の可能性がゼロでは無いっていうのがせめてもの気休め。

これも一期一会だろうか。

OB・OGが横の繋がりを大切にしているのはこんな感じから来ているんだね。
posted by たれクマ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

うどん

090320_203501.JPG
バイト先で余ってたので貰ってきました。
店長さんの手打ち(笑)

持ち帰った時には特に何も思わなかったんだけど、、、

茹でたら思いの外に増えた。

結局、十分な量の4食分になりました。満足♪

日が経つと熟成されて美味しくなるし、え?熟成の意味が違う?

まぁそれはともかく…

天ぷらうどんにしたり、山かけうどんにしたり、かき揚げうどんにしたり、生醤油うどんにしました。

天ぷらって言うけど、香川では天ぷらって練りものを指すんだよね。
『山かけ』っていうのは関西で、関東では『とろろ』だし。

うどんだしが関東では醤油だしだけど、関西はカツオだしなのは有名な事。
大阪人は『関西の方がだしまで飲めるやんか』って自慢するけれど…

…うどんだしって結構塩分が含まれてるんだよね(笑)
posted by たれクマ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨。

叩き付ける様に雨の音に起こされた…

空は既に白んできている。そか、明日は春分。昼と夜の時間が同じなのか。

それにしてもこの雨はなんだろう、ザッと降ってピタッと止んで、またザッと降る。切り替えの良さにむしろ清々しさを感じてしまう。

と、いうか夏の夕立みたいだ。アメダスで調べてみたら気団が近畿一円を覆ってるみたい。

アメダス…とても便利だ…でも、鳥瞰図の様に地上を見下ろすって本来、人間には出来ない事。

それを擬似体験させる技術って凄いな。

何かの欲求を持ち、それを満たす。またの名を探求。これにより科学って発展してきたんだな。

物理学、情報学、生命科学、化学、数理学、etc...

ジャンルは限り無いけれど紺幹部は同じ。

科学に限らないのかもしれない。未知の感動を求めて無から文学や芸術が生み出される。

時代に見合う適性な価値観を求めて政治や経済は動く。

根幹にあるのはより進歩を求める人間の欲求なのだろうか。

全てが完全な世界、イデアって本当にあるのかもしれない。それが少しずつ具現化して姿を見せつつある…

まどろみながらそんな事を考えてたら…また眠くなってきた。

おやすみなさい。。。
posted by たれクマ at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

春発見。

今日はとっても暖かかったです。
大学内にて桜が開花していました。

090318_152151.JPG

・・・たぶん、桜だと思います。
開花宣言は聞いていないけど、たぶん先走り咲きw
梅だったらどうしよう(笑)

とりあえずとっても綺麗でした。
んでもって夜に帰ろうとして研究室を出たらもの凄く春のにおいがしました。

春ってこんなに感覚として知覚されうるものだったっけ?!
と思うくらいに。でもその春のにおいは過去にも経験があるものだから春のにおいって判ったわけで。

暖かくて、土ぼこりっぽい匂い。
他の言い方をするとお日さまの匂い。

春の夜の霞っぽい空はとても好きです。
朧月って表現もとても好きです。

ぼんやりしていて、でもとてもやさしい雰囲気。四季っていいね。
妙にココロが騒ぐこの時期。無性に宇多田ヒカルのtravelingを聴きたくなる。
posted by たれクマ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

Letter

帰宅したらポストに手紙がありました。

手紙を貰うのも基本的に嬉しいです。
一部、例外あるけど←

そして
・特に予期しない手紙だと嬉しさアップ☆

んでもって、、、
・海外からだと妙にハイテンションになる☆

「あ〜、この手紙は地球の裏側から一週間ちかくかけてはるば
る来たんだなぁ」
なんて思うと地球って狭いのか、広いのか、なんだかよくわか
んなくなっちゃいます。
電子メールは一瞬にして届いてしまうご時世けれど、実体のあ
るものはやはり届くのに相応の時間がかかるけれど、相応のな
んか嬉しい気持ちがこもっているな、と。

まぁ、それでも。。。

いまさらクリスマスカード?!(笑)


090317_085556.JPG
posted by たれクマ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

春はあけぼの

今日はたまたま6時前に起きられたので散歩してきました。

で、ドアを開けたんだけど、ぴったりのタイミングで満月が西に沈もうとしている最中でした。
空はもう明るくなっていて、それでも存在感を示す白の月に視線が釘付け。

090312_060804.JPG

慌ててカメラを構えて写メったんだけど、その間にもみるみるうちに沈んでいくの。
太陽だと眩しくてこうは行かないじゃん?
じっと目を凝らしていると本当に動きが見える、明るいから景色と比較して天体の動きが見える。

地球って本当に自転しているんだな、ってものすごく実感した瞬間でした。
24時間で360度、1時間で15度、1分間で0.6度、数値では理解できるけれどやはり現実が奇なり。

その後はそのまま散歩に出掛けました。夜明けの時間に散歩をしたのは久々かな。
まだやはりむちゃくちゃ寒くて。でもその肌寒さがちょっと心地よくて・・・



・・・なんて思えない程やっぱり寒くて必死に手を開閉して温めてた。

でも街中には春の気配があふれていました。

民家の軒先の荷台の上には大根、その隣の家の木にはイルミネーション。。。

・・・あれw

いやいやいやいやいやいやいやいやいや、、、

桜の木はまだ裸なんだけど、枝の先がふくらんでいて、
道端には水仙の花やホトケノザの花が咲いていて、
ロゼッタ状のタンポポやアザミの葉に蕾が混ざっていて、

夜は何百羽と群れを成して電線でギャアギャア鳴いているムクドリも単独で地面をつついている。

目には見えない春が、でも確かのその息吹を感じた生き物が街中にあふれている。
そんなものを感じてちょっとハッピーな気分になれました。

あー、それと普段とちょっと違う道を散歩したらやたら犬の散歩の人とすれ違った。
みんな散歩しすぎだろ。これは定番の犬の散歩ルートだったのか、たまたま散歩の時間帯だったのか。
まぁ、なにはともあれ犬に散歩は必要だよね。じゃなきゃ不健康でポニョ犬になってしまう。
posted by たれクマ at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

身近に潜むもの

このまえ破損した鞄を修理に出すために京都に行ってきました。
お店が平日しか開いてないからなかなか行く時間がなかったんだよね。

で、原チャで行ってきたわけだけれども・・・
往復ほとんど同じ道を通ったわけだけれども、たしか5回かな。

道 路 脇 に 花 束 が 添 え ら れ て い た の は 。

たかだか30キロの区間なのに。
交通事故が頻発しているのかなぁ。

実際走っていて、ヒヤッとする運転の車がけっこう見かけたしね☆★

真横を大型トラックが追い抜きなんかしていく時
「トラックのあんちゃんがちょっとでもハンドル左に切ったら簡単にぺっちゃんこになるんだろうな」
なんか考えてしまいます。

うん、死って普段は意識しないけれど、実はすごく身近にあったりするんだよね。
自分だけは平気、なんて保障はどこにもない。

死といえば、この前「おくりびと」がオスカー取って話題になって映画館に人(特に暇なおばちゃん達←映画館の行列を見るとほどんどそう)が殺到していて、、、

納棺師という特殊な職業にスポットライトが当たっているけれど、

どこかの新聞の投書欄にあったように、
本来死人の死化粧なんかをするのは死んだ人の親族で、
丁寧に身だしなみを整えてあげる事で身内の死を受け入れるもの。
とか。
この考えにすごく感銘を受けた。

仮に僕の周りで死が起きたとき、納棺師にアドバイスをもらいながら故人を飾ってあげたい。そんな風にふと思った。
あ、いや、でも、死が起きるのが嫌。
死が怖いとかではなく、そこに寂しい別れがあるから。

そういえば、よく死ぬのが怖いって聞くけれど死って怖いものなのだろうか・・・?
posted by たれクマ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

源氏

友達が彼氏との手をつないだプリクラを送ってきたり、
3月9日が誕生日の後輩が彼氏にレミオを歌ってもらったり、

そんな話を聞くと春ってみんな浮かれてるよねぇ。
ってしみじみと思います。

まぁ、そんな空気とは関係無しに源氏物語を読みふけているたれクマです。

以前あさきゆめみし、田辺聖子訳で読んだ事があって今は瀬戸内寂聴訳で読み直しています。寂聴さんの訳はすごく日常的な言葉にしてあるからかなり読みやすくはあるんだけれども、それが逆に訳者の感情移入しすぎでは?と思う面もちらほらありますね。

惟光の「うわぁ、源氏またやっちまったよぉ、はぁ」的な言動がやたらキョン(in ハルヒ)の「やれやれ」的な仕草とかぶります(笑)

それにしても源氏のスーパープレイボーイっぷりはいくら読んでも飽きがこないね。
数々の住居不法侵入&不倫とか、藤壷との近親相姦とか、若紫の未成年者誘拐とか、柏木へのパワハラとか、現代の法で計ったらとんでもない犯罪者だよな〜、なんて視線で妄想してみるのもまた面白いですw

王道的に人物関係とか、心情描写のしっかりした構成は普通に読み物としても楽しめます。後、今回は今まではほとんど飛ばし読みをしていた和歌もちゃんと読んでみて、周りに人が居ない時なんかはちょっぴり口にしてみたりすると結構音のリズムとか表現の美しさなんかを再発見できて楽しいです。
周りに人がいたら絶対変態扱いされるけれど。

読み返すたびに新たな発見があるのは文学の良いところ。
正確には作品じゃなくてそれを読む読者が刻一刻と変化しているから違った視線で楽しめる、ということだけれども。
posted by たれクマ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

崩壊、、、

久々にカルタの話。
ここんところちょっとずつ上がり調子だったんだけど、週末の練習は酷かった。
一本目の途中までは悪くなくて、むしろ読みに対する反応の精度があがっていく感じだった。
決まり字の子音も聞き取れていて、狙う場所も定めて構えなんかの調子もちょっとずつ向上。
だけど、隣の試合をちょくちょく眺めていた事とか、相手に遠慮する気持ちで途中から集中力が途切れかけているのを感じて、、、

最終的に決壊。

ほとんど音に反応出来なくなってしまった。気分的には落ち着いていられたんだけど、逆に言うと、攻めにいく姿勢が途切れてしまった感が。
途中から何も出来ないまま逆転を許してしまった。
二本目、三本目も同様。相手の強さがどうとかじゃなくて、自分の思った反応が出来ない。あぁ〜あ。凹み。アゲ調子を維持出来ないっていうのが最大のネックだな。

今週、どこかの大学の練習に顔をだそうかな。
posted by たれクマ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

春だなぁ。。。

今日は起きたら雨がむっちゃ降っていましたね。
基本的に雨はあまり好きでは無い方です。だって外に出かける気が失せるじゃん。

と、いう訳で今日は学校に行くのをさぼってしまったwww
最近、雨の日のサボり率が妙に高い気がします。とってもダメっ子(笑)

でも、今日の雨はなんか、今までの時雨っぽい感じでは無く春雨みたいな感じだな。
大気全体にもやがかかった様な感じで、空気もほんのり暖かくて。

昼間とかはだんだん、身の回りに春の訪れを感じられます。
それと周りに花粉症で死にかけな人も急増中。

幸い、たれクマはまだ発症していないのですが。
薬飲んだり、目薬さしたり、マスクしたり、大変そうだよね。

東京に比べると滋賀は花粉症発症者はそこそこ少ない気もするな。
都会だと舗装されているから吹き上がる花粉が多いのかな。でも花粉をばらまく奴ら(植物)の絶対量は滋賀の方が断然多いはずなのにね。
あれかな、琵琶湖が大量に花粉を吸着してくれているのか☆★

母なる湖、こんな所でも活躍w

なるべく発症しない様に地味な努力を続ける今日このごろ。
コンタクトはほとんどつけないとかね。

posted by たれクマ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ったコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

スポーツ

あっという間に3月ですね。
一年って早いな〜、、、

って思ったけど思い返すと結構色々あって、『そりゃ一年経つわな』
とも思ってみたりします。

昨日はバイトの人達でスポーツ大会がありました。
バドミントンと、バスケと、フットサル。
ポイントは選択じゃなくて全部する所(笑)

たれクマとしてはバドミントンが一番マシだからそれだけで充分だった気が。

バド部が二人居たから結構マジで頑張ったけど、強いね。
というか手首のスナップが慣れない拾い損ねとバックステップしながらのオーバーが課題だった、、、


でも相手のプレイの特徴、ダブルスの動き、相手の次の動きの予測、反応速度はそこそこ。

だ が 、 、 、

一番は…運転不足による筋肉痛orz

考えたら最近全く運動していない、通学で自転車を使わなくなった、即ち足の筋肉が衰えてた。

これは問題、とりあえず足腰がしっかりしてりゃたいていの運動はこなせてた訳でこれはマズいかも。

とりあえず自転車通学を復帰させようかと思います。

というか一晩経ったのにまだ痛い…考えたら今までまともに筋肉痛になった事はほぼ無かったな…

大問題だ。

これが老化か。orz
posted by たれクマ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。